最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« FP林さんと初対面! | トップページ | 修正案 Ver1 »

2009年4月19日 (日)

保険の相談(1)

 「なんとなく、皆が入っているから」、「なんとなく、もしもの時が不安だから」「なんとなく、将来が不安だから」、「なんとなく税金対策になるから」、・・・。Hファミリーでは保険に関しては何も分からず、”なんとなく”加入して、”なんとない安心”をかなりの金額を支払って購入してきました。「もの」として何も残りませんが、それが保障だと割り切って、20年間支払ってきました。運が悪いことに、加入していた生保が破綻、40代になると血液検査でもいくつかの項目が、H、再検査(゚Д゚)ハァ?!だんだん、保険から目を背けたくなる様になってきました。かなりの金額を掛け捨てしていることは、気がついているのですが、それを見直そうとする気力がありません。

 今回、家づくりということで、もちろん住宅ローンを組むわけですが、住宅ローンの返済に毎月の保険の支払が大きく影を落としてきます。そこで、FP・林さんには安くて優れた保険を紹介してもらおうと出かけたわけです。破綻した生保の身売りした保険ですので、あまり良くないことは推察できます。(どう悪いのかはわかりません。)ですので、林さんからは「この保険は悪いですから、この保険はどうでしょうか?」という提案をもらいたかったわけです。

 しかし、林さんとの相談の中ではお薦めの保険を提案する様子はなく、持っていた保険の証書を見て、その内容について理解しているかどうか質問される始末。こちらは何もわかっていませんでので、答えることができません。その後、現在加入している保険の内容を説明していただき、保険とはどうゆうものかという説明をホワイトボードを用いて1時間ほど行っていただきました。この保険が悪いとか言う話は一切ありませんでした。保険相談というより、保険の講義に近いものでした。

 この講義の中から非常に勉強になったのは、保険も家づくりとまったく一緒で、家族が今後どのように暮らしていきたいのかが大切で、保険は単にそれをサポートするための一手段にすぎないという事でした。暮らし方(ライフプラン)が決まれば、それに合う保険を探せば良いのだと言うことです。当たり前といえば当たり前なのですが、私たちにとっては目から鱗のお話でした。保険の目的をきちんと決め、そのメリットとデメリットを十分把握した上で契約する。それが大切だということを身にしみて感じました。保険を斡旋してもらえると思って行った私達の浅はかさを身にしみて感じました。
(「目的を決めて、そのメリットとデメリットを十分把握して決める。」これって、田村さんが家づくりをするときに良く使う言葉ですよね!)

« FP林さんと初対面! | トップページ | 修正案 Ver1 »

家づくりとお金」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保険の相談(1):

« FP林さんと初対面! | トップページ | 修正案 Ver1 »