最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« 「5つのつながり」をサポートするための家づくり (3)窓の家 | トップページ | 「5つのつながり」をサポートするための家づくり (5)丈夫な家 »

2009年4月13日 (月)

「5つのつながり」をサポートするための家づくり (4)庭の家

 今回100坪と比較的大きな土地を購入した理由の一つにガーデニングがあります。庭いじりなどまったく興味がなかったのですが、現在のアパートに移ったとき窓の外がなんとなく殺風景だったので、プランターで花を少し育て始めました。それで病み付きになり、現在はクレマチスを中心にがんばって育てています。今年は母の家づくりのためにほとんどできなかったのですが、Hファミリーの家ができたら本格的にやりたいと考えています。そんな大それた庭園ではないのですが、花と木があるほっとできる庭ができればと思っています。敷地が広いので、パブリックな庭(表庭)とプライベートな庭(裏庭)を造ろうと考えています。そして、家と庭に一体感が生まれるような家づくりをしたいと考えています。

1)「地域とつながる」パブリックな庭
 今のアパートで庭いじりを初めた頃びっくりしたのは、多くの人が通り過ぎると話しかけてくれることです。花を育てるだけで自然に人とのつながりができるとは新鮮な驚きでした。家の前の庭はパブリックな庭として地域とのつながりを意識した庭にしたいと考えています。

2)「家族をつなげる」プライベートな庭
 今のアパートでも外土間にシートを敷いて、時々ご飯をしたり、花見をしたいり、バーべQをしたりします。しかし、土手を散歩する人からの視線で落ち着いて食事をすることができないため、どうしても回数が少なくなっています。新しい家では是非とも人の目を気にしないで食事のできる屋外のスペースを確保したいと考えています。この空間では昼寝をしたり、ブランチをしたり、読書をしたりと家族がゆったりとくつろぐことができる庭にしたいと考えています。ハンモックなどあったら最高かもしれません。

3)庭による「自然とのつながり」
 庭は自然とつながる緩衝帯です。庭に出ることによりすがすがしい空気を吸い込み、芝生の上に寝転んで空を見上げる。自然を体全体で感じることができるのが庭だと考えています。気持ちの良い「自然とのつながり」のある庭のつくっていこうと考えています。

4)「環境とつながる」緑
 庭には土と緑があるため、夏に吹く風から熱を奪い、涼しい風を運んでくれます。また、落葉樹は夏には木陰を作り、冬は日光を家に導いてくれます。緑を多用することは省エネルギーにつながり、環境問題にも貢献します。

« 「5つのつながり」をサポートするための家づくり (3)窓の家 | トップページ | 「5つのつながり」をサポートするための家づくり (5)丈夫な家 »

家づくりのコンセプト」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「5つのつながり」をサポートするための家づくり (4)庭の家:

« 「5つのつながり」をサポートするための家づくり (3)窓の家 | トップページ | 「5つのつながり」をサポートするための家づくり (5)丈夫な家 »