最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« B案へたどり着くまで! 後編 | トップページ | B案平面図 Ver.1について(2)トイレとお風呂を考える。 »

2009年4月23日 (木)

B案平面図 Ver.1について(1)ダイニング・リビングを考える。

 田村さんから先週の土曜日頂いたB案の修正案Ver.1を検討してみました。以前頂いた平面図は間取りの概略がわかるポンチ絵のようなものでしたが、今回の平面図は1/50の縮尺で正確に描かれているため、空間の広がり感が良くわかります。また、柱などの構造も記入されているため、全体の構造についても見通すことができます。

 計画案の段階で、最も大切なことは間取りを正確に平面図に落とし込むことです。昨年母の家を建てた時、最終の段階になって間取りを動かそうとしました。この段階になるとすべて構造が決まっているため、間取りを少しでも動かすと、設計をすべてやり直す必要が生じてしまいました。結局、間取りは動かさないことになりましたが、間取りについては計画の初期の段階で、きちん考え、納得するものにしておくことが重要だと痛感しました(;ω;)。

 素人的には間取りは平面図上で簡単に動かせそうに思えても、実際にはそう簡単にいかないのが現実です。そう考えると間取りは十分に時間をかける必要があるのですが、あまりに時間をかけ過ぎると、ディテールを考える時間の余裕が無くなってしまいます。ディテールは家の使い勝手を大きく左右しますので、ここにも十分時間をかけたい所です。(しかし、ディテールにこだわりすぎると「木を見て森を見ず」状態になるので、その点には十分注意が必要だと思いますし・・・・。ディテールから間取りを変えたくなるときもあります。)家づくりは非常に多くのことを考えまとめ、形にする作業ですので、じっくり時間をかけるのですが、その時間の配分を考えることもとても大切だと考えています。マラソンのペース配分のようですね!最後に息が切れないようにがんばりたいと思います。B

 そこで、ここはじっくりと間取りを見てみたいと思います。一番の大きな問題は先にも書きましたようにダイニングリビングの構成です。最初の田村さんの案は図の1)になります。入口に大きな玄関、その東にリビング、その横にダイニングの間取りでした。玄関、リビング、ダイニングと仕切ることができます。非常に機能的でオーソドックスな間取りです。この案に対して、新たにHファミリーが提出した修正案(図の2)では、子供とのつながりを強くするために、子供図書館を玄関の代わりに新たに作り、玄関をインナーテラスとしてリビングに取り込むようにしました。このリビングテラスは田村さんの「なっちゃんの家」を参照にさせてもらったもので、土間を色々な用途に使用することができます(我が家はペットはいませんが!娘達は「なっちゃんの家」の見学後、なっちゃんを大いに気に入ったみたいで、犬がほしいといつもせがまれています。バロンは微妙のようでした!)。このインナーテラスの土間をとても気に入り、田村さんの設計に組み込んでもらったのですが、1/50の平面図を見るとなんともリビングが中途半端に見えてきました。問題点としては

(1)ダイニングとリビングを共有せずに別々に使用するとなると、リビング空間が6畳程度なので狭いと思われる。床座生活で土間もインナーテラスのように使うとまったく問題ない広さなのですが、ソファーを置くとなるとやはり狭い。6畳は今のアパートのリビング程度なので、リビングを独立して使うとなると、田村さんの提案された間取りのほうが良いと思われる。

(2)妻は床座の生活でなく、椅子座の生活を希望していますので、やはりリラックスできるソファーは必需品です。しかし、ソファーをリビングに置くと前にも書きましたが、外庭、リビング、中庭のつながりを完全に遮断してしまい、どうしてもイメージが悪くなります。小さな家をコンセプトにしていますが、狭く感じたくないので、視覚的に空間の広がりはどうしても確保したいところです。広がりを演出するには「和の家づくり」が基本となりますが、ソファーなどの家具がこんなに邪魔になるとは思っていませんでした。私達の世代は普段和洋折衷で生活していますので、なかなかお互いの良さや欠点に気がつかないのですが、真剣に考えるとお互いが衝突する部分があり、家づくりではそれが如実に現れてくるような気がします。ちゃぶ台で床座、床が畳であればなお良いです。そうすればHファミリー修正案2)は何の問題もなく、広がり感を維持できます。やはりソファーなどの家具は西洋の「壁の家」に適すものであり、和の「窓の家」には適さないのかもしれません。

(3)子供図書館を新たに新設しましたが、その位置がリビングと隣り合わせになる点が気になります。勉強をしている最中、テレビやゲームをされるとむっとするものです。ながら族の夫は大丈夫なのですが、今後娘たちは受験などの「カリカリ」(#゚Д゚)y-~~イライラする状況も予想され、少し距離を離したいと考えます。

 以上のことを考えて、Hファミリー修正案Ver.2(図の3)を考えて見ました。これは、リビングとダイニングを分けるのではなく、ダイニングとリビングを一体化しながら使う案です。ダイニングテーブルは低くし、リラックスできるダイニングとし、ソファーはダイニングの周りの空間に入れる。すなわち洋の空間は洋でまとめ共有することで狭さをカバーしようとする案です。また、和の広がり空間としては、インナーテラスを縦にして外庭から中庭まで抜くこと(通り土間)により確保し、図書館がリビングから少し離れることで、静かな空間として使えるのではないかと考えました。

 この案の問題点はインナーテラスにより何か空間が切れてしまうこと、玄関から入ってきた時のダイニングリビングへの視線をどのように仕切るかと言うこと、より土間空間が広くなるが、うまく使いこなせるかどうか?などが考えられます。構造についても問題があるかもしれませんが、この点は田村さんに検討してもらいます。

 リビングとダイニングは、家づくりで一番大切な箇所です。ここが居心地が良いかどうかで、家族の集う時間が決まると言っても過言ではないと思います。今週の25日に行われる地盤調査の後、じっくりと田村さんと相談したいと思います。

« B案へたどり着くまで! 後編 | トップページ | B案平面図 Ver.1について(2)トイレとお風呂を考える。 »

プラン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B案平面図 Ver.1について(1)ダイニング・リビングを考える。:

« B案へたどり着くまで! 後編 | トップページ | B案平面図 Ver.1について(2)トイレとお風呂を考える。 »