最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« 中部横断自動車道 | トップページ | 土地収用 »

2009年6月19日 (金)

新直轄方式

 新直轄方式(しんちょっかつほうしき)とは、道路公団ではなく国と地方自治体の負担により行う事業のことを言います。これは採算性が乏しい路線を地元自治体が見直すことを促すという面が重要視されて、新たに取り入れられた方式です。

 私としては道路公団改革で、「不採算の道路は民営化会社は建設しない」とされたのに、なぜこの直轄方式で、復活したのかさっぱりわかりません。結局財源の出所は税金で、何も変わらないですし、かえって地方に丸投げした形になっているだけのように思います。

 さらに、不思議なのは「採算が取れない道路は税金を投入して建設するため、通行料を徴収しない (つまり無料道路となる)」ということです。今回の工事区間も無料になるようで、本来不採算道路こそ高い通行料を徴収すべきだと思うのですが、なぜこのような矛盾したことが起こるのかまったく不思議です?

 小泉改革はやりたいことはわかるのですが、本人の意図する方向とは違い、何故か悪い方向へすべてが動いているような気がしてならないのは私だけの印象でしょうか?

« 中部横断自動車道 | トップページ | 土地収用 »

家づくりのきっかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新直轄方式:

« 中部横断自動車道 | トップページ | 土地収用 »