最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« 母の家(9) | トップページ | 母の家(11) »

2009年7月21日 (火)

母の家(10)

 宿泊体験した中で最も暖かかった家が、セルロースファイバーの充填断熱の家でした。同じ間取りで、同じ構造の家ではないので一概に比較検討をできないのですが、とにかく
暖かかったことは確かです。11月の寒い日でしたが、断熱の性能を評価するために暖房(床下の温水放熱器の暖房でした。)を夜の7時にとめてしまいましたが、一日経っても寒いことはありませんでした。偶然にもその日は霜が降りるほど外は寒く、それにも関わらず暖かいことに大変感動しました。断熱性能だけでなく、たぶん、床下のコンクリートの蓄熱も効いていたのだと思います。ネオマフォームの外張り断熱の家、グラスウール充填断熱のQ1住宅、羊毛充填断熱なども体験しましたが、やはり、セルロースファイバーが一番のように感じました。

« 母の家(9) | トップページ | 母の家(11) »

家づくりのきっかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母の家(10):

« 母の家(9) | トップページ | 母の家(11) »