最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« 家づくりのきっかけ(1) | トップページ | 家づくりのきっかけ(3) »

2009年8月25日 (火)

家づくりのきっかけ(2)

 昔の家族は一緒に生活しているだけで、自然と家族との繋がりが強くなっていったと思います。それは、たぶんお互いが強く依存していないと、生活が成り立っていかなかったためと思います。例えば、お母さんが食事を作ってくれなければ、家族は飯に有りつくことはできません。お父さんが働かなければ、家族は路頭に迷うことになります。子供が家を手伝わなければ、家の家事もスムーズに動きませんでした。家族にはこの外にもお互いに依存しなければ生活できないことが山のようにあったと思います。すなわち、協力して家族団結しないと生活ができなかったわけです。そして、協力することより家族の繋がりが育まれたように思います。

« 家づくりのきっかけ(1) | トップページ | 家づくりのきっかけ(3) »

家づくりのきっかけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家づくりのきっかけ(2):

« 家づくりのきっかけ(1) | トップページ | 家づくりのきっかけ(3) »