最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« 契約調印式まで(5) | トップページ | 契約調印式まで(7) »

2009年11月26日 (木)

契約調印式まで(6)

 床暖房に関してだけはどうしても今のままで進める決断がつかない状態を考えると、完成した後に少しでも暖房関係で不都合が生じた場合後悔が先行してしまうのではないかと危惧されました。妻も冷え性ですし、今後両親の介護の可能性もあります。暖房に関しては十分な暖かさが得られることはどうしても必要な家づくりの条件です。そこで、床暖房に関してはもう一度最初に戻り、パネル式温水床暖房全面敷き込みで再度設計することとしました。設計もかなりのやり直しのため追加料金も発生します。それでも覚悟は決まりました。

田村さんには以下のメールを打ちました。

「田村さんには本当に何度も何度も変更を強いてしまい、大変申し訳ありません。今の暖房システムでも大丈夫なのかもしれませが、踏ん切りが付かない今もう一度再考させて下さい。わがままな施主で大変申し訳ありませんがお許しください。設計料の追加に関しては了解しましたのでよろしくお願いいたします。」

 実施設計の終了した後の変更はなるべく避けたかったのですが、後にも先にも大きな変更はこれが最後の機会です。思い切って変更をしました。良く「工事中に変更も可能だから」という言葉を聞きますが、工事中はコンセントの位置だとか棚の位置だとか小さな変更は可能と思いますが、それ以外については設計の段階で十分検討することが大切だと私は考えています。よれが余計なコストを発生しない大切なコツではないでしょうか!

« 契約調印式まで(5) | トップページ | 契約調印式まで(7) »

業者選び」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、nobuと申します。
いよいよ田村さんのHPにも登場ですね。
もしかしたら、さくらの家や長い家でお会いしているかもしれません。
我が家は来年から設計に入る予定です。家作りはわからないことばかりですが、ご質問等させていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

nobuさん
 コメントありがとうございます。ブログを開設して見たものの継続は難しく、最近ではメモ程度の内容になり、読んでいただく方には悪いようです。
 田村さんとの家づくりを開始されるということで、私たちも今後楽しみにしています!私たちも田村さんで家を建てられた施主さんには色々お世話になっています。私たちに出来ることでしたら何なりとご相談下さい。
 田村さんも有名になってしまったのでかなり待たないと設計に入れないとお聞きしています。設計をお願いできて本当に良かったですね!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 契約調印式まで(6):

« 契約調印式まで(5) | トップページ | 契約調印式まで(7) »