最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« まちの家着工(4) | トップページ | まちの家着工(6) »

2009年12月17日 (木)

まちの家着工(5)

 Hファミリーでは給水をどのように考えたか説明します。当初は水道の引き込み工事費を浮かすために、ガス工事と水道の給水工事を同時に行うことを考えました。そうすれば、数十万円を予算を削減することになります。土地購入でかなり苦しい資金状態ですので、この金額は大きく家づくりに影響します。しかし、今回は非常にラッキーなことに、下水の公共枡が古いために市役所からやり直しをするように指示されました。そのためガス工事と一緒でなく、下水道工事と一緒に水道給水工事を行うことができました。これならばガス会社と設備屋さんとの調整をしなくても、設備屋さんのみで、工事がすべて行えるため、非常に工事が楽にできました。

 分譲地ならばこのような心配は必要ないのですが、こんな小さなことが家づくりでは非常に大切になります。(ただし、分譲地でも家の建てるのに都合の良い位置に引き込んであるかは疑問です。もし分譲地を買う場合にもその位置を確認、さらにはまだ引き込み工事が済んでいなければ、希望の位置を指定して引き込むよう交渉しておくと良いでしょう。

                    公共枡の工事

Photo_4
 

« まちの家着工(4) | トップページ | まちの家着工(6) »

工事着工」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まちの家着工(5):

« まちの家着工(4) | トップページ | まちの家着工(6) »