最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« まちの家着工(8) | トップページ | まちの家着工(9) »

2009年12月22日 (火)

まちの家着工(8)

 不動産屋のKさんからは問題ないと返事をもらい、その後何回か水道局に通ってもらいました。その過程で水道に関する私の考えが間違っていたことを初めて知りました。水道の権利ですが、水道の権利は量水計とセットになっており、量水計を撤去すると権利もなくなると言う事でした。

 母の家のときに経験したのですが、水道を撤去する場合は使用権利を水道局が買い取る形になるようです。しかし、その水道を止水するには本管分岐部でキャップ止めする必要があり、そのための工事にかなりの金額が必要となります。そうゆう理由で土地売買するときに、水道の権利も土地とともに置いていく人が多いのです。電話の権利と違い、権利だけもっていけるというものではないようです。

 当初、不動産屋さんとの話し合いでは水道の権利を貰い、水道を撤去すると約束したことは最初からおかしかったことになります。

 残された水道の権利はHファミリーにあることはわかったのですが、それではなぜ私たちの許可なしに隣の家の仮設水道が接続されたのかが疑問になります。これはたぶん量水計が隣の敷地内にあったため、水道局が間違って許可をだしてしまったということだと思います。

« まちの家着工(8) | トップページ | まちの家着工(9) »

工事着工」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まちの家着工(8):

« まちの家着工(8) | トップページ | まちの家着工(9) »