最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« 基礎工事(14) | トップページ | 基礎工事(16) »

2010年2月 3日 (水)

基礎工事(15)

 コンクリートの打設はクリスマスイブの日になりました。生コンクリートは生コン工場から出荷された後、90分以内に打設する必要があり、あまり遠方からは望ましくありません。Hファミリーの家では車で10分程度で、まったく問題がありません。合計で5台のミキサー車が交代しながら打設したようです。

Photo
ポンプ車です。

 一体打ちはポンプ車で耐圧盤と立上りを一回で打ちこみます。コンクリートの打設は、まず外周部立ち上がり部分から流し込み、内パネルの下部より少し上がったところまで打設します。内部間仕切も同様に回し打ちし、ひと回りしてから立ち上がり天端まで打設します。むやみに打つとコンクリートが吹き出してしまうので、鳶の頭の熟練が要求される作業です。その後に土間の部分を打ち均しを行ないます。

Photo_2
コンクリート打設開始です。まずは、立ち上がりから

Photo_4
打設途中です。ポンプ車を使うとかなり遠くまで一気に打てます。

Photo_5
土間部を打設しています。

Photo_6
コンクリート打設完了!きれいに打たれています。

 土間部が終わると、基礎立上りの天端(てんばと読む。上端を意味します)を水平に仕上げるために基礎レベラーというものは流し込みます。いくら水平になるからといって、ただ流しこめば良いわけではありません。材料に粘性があるため水面と同じところまでは至りません。型枠の奥側に40~50cm間隔で釘が打ってあり、天端釘と言います。この頭までレベラーを流し込み水平を確保します。目標は2mmだそうです。建物の水平はこの作業で決まってしまいますがら、大変重要な作業です。

 当日は仕事で現場は朝と昼に少ししか見れませんでしたが、本当に生コンと格闘しているかのような仕事ぶりでした!朝8時から夕方暗くなるまで本当にご苦労様でした。私たちにとって何よりものクリスマスイブのプレゼントですが、作業した方は疲労困ぱい、よきクリスマスイブになったのでしょうか?m(__)m!!

« 基礎工事(14) | トップページ | 基礎工事(16) »

基礎工事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基礎工事(15):

« 基礎工事(14) | トップページ | 基礎工事(16) »