最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« 布基礎部と床暖房部の土間コンクリート打設 | トップページ | 外土間コンクリートの石埋め(1) »

2010年2月15日 (月)

基礎外断熱保護モルタル塗り

 渋川の佐々木左官さんは壁塗り体験以来、色々お世話になっています。子供が壁塗り体験のときに作った泥団子が大変気に入り、友達の誕生日プレゼントにしました。そのため自分の泥団子がなくなってしまったのでもう一回作りたいと思っていた矢先、ブログを読んで下さっていた佐々木左官さんから、泥団子のキットを送りますとの電話!!一つ返事でお願いします!(^^)!とお願いしました。

 翌日には泥団子セットが届きました。家族全員で泥団子を作りをしましたが、これが結構時間がかかります。なかなかぴかぴかのものが出来ません。是非ともぴかぴかの泥団子を・・・と日々考えているのですが・・・現状は?是非ともぴかぴかにして新築ではどこかに飾ろうと思います。

 それはさておき!現場の作業状況ですが、型枠解体後の基礎は断熱材が露出しています。長期にわたり太陽光に当たると断熱材は樹脂製品なので劣化してしまい、ぼろぼろになってしまいます。なるべく早めにモルタルを塗ることが必要です。このモルタル塗りを、「基礎巾木のモルタル塗り」と言います。巾木とは室内の壁の最下部に取り付ける細長い横板のことだと思っていましたが、こうゆう場合も巾木と呼ぶのですね!???

 手順としては樹脂モルタルを一度断熱材に塗りつけた(下こすり)後、ひび割れが出ないようにファイバーメッシュ伏せこみ、その上からもう一度モルタルを塗るようです。面倒ですが仕上げ塗りは足場の取れた時に再度行なうそうです。一般的には一回で済ましてしまいますが、このように手間をかけることで良い家ができるのですね!

Photo
樹脂モルタルです。普通のモルタルより収縮が少なく、防水性が良く、既存のコンクリートへの付着強度が強いようです。

Photo_2
ファイバーメッシュです。モルタルの中に伏せこむことで、モルタルのクラック発生を防ぐことができます。

Photo_3
佐々木左官さん親子によるモルタル塗りです。1日であっとゆう間に塗り終えてしまいました。本当にプロの技です。

 また、田村さんの設計では、捨てコンクリートの位置まで樹脂モルタルを塗りこみます。そのため、基礎外周の断熱材は一切土に触れないようになっています。これより、断熱材の中に入ろうとするシロアリをシャットアウトすることができます。そのために、根切りした土を整地する前にどうしても樹脂モルタルを塗る必要があるのです。かなりの手間をかけた作業ですが、こうゆう部分が田村さんの設計のすばらしいところです。。

 妻はスリーブの穴で防蟻接着剤の不足しているところを手直ししながら塗りの作業を見ていたようです。(こんな作業も施主工事として出来ます!)切り立った垂直の壁に、ドロドロのモルタルをいかにきれいに仕上げるかが腕の見せ所、素材の練りぐあい、塗りつける量、塗る方向、タイミング、チカラ加減、まさに職人のなせる業です。あっとゆう間に基礎全面を仕上げてしまいました。

« 布基礎部と床暖房部の土間コンクリート打設 | トップページ | 外土間コンクリートの石埋め(1) »

基礎工事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基礎外断熱保護モルタル塗り:

« 布基礎部と床暖房部の土間コンクリート打設 | トップページ | 外土間コンクリートの石埋め(1) »