最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« サンダー | トップページ | 柿渋塗り(2) »

2010年6月 9日 (水)

柿渋塗り(1)

 カビは駆逐しましたが、今後暖かくなり、また、梅雨の時期など向かえるとなんとなくカビの再発の心配になってきました。以前工務店さんを見学したときに、いくつかの工務店では土台と柱(地上から1m程度まで)にシロアリ対策としてヒノキチオール(桧の脂分を抽出したもの)や墨塗料などを塗っていたことを思い出しました。

 そこで、大工さんもまだ現場に入らないので、私たちも土台や柱に何か防腐剤的なものを塗布しようと考えました。Hファミリーの家は完全な外断熱なので床下は室内になります。そのため、変な薬剤を使うとシックハウスの心配があるため極力注意しなければなりません。そこで、Hファミリーは「なっちゃんの家」で使われた塗料である柿渋に注目しました。柿渋は、渋柿の未熟な果実を粉砕、圧搾して得られた汁液を発酵・熟成させて得られる、赤褐色で半透明の液体です。柿タンニンを多量に含み、平安時代より用いられて来た日本固有の材料です。柿渋は昔から木・布・紙等の染料や補強剤・防腐剤・防水剤として利用されてきました。特に有名なのが和傘で、「柿渋」を使って防水をしているそうです。

 シロアリに対する防御は前にも話しましたように田村さん仕様ではかなり強固なので、土台の防腐対策として柿渋を塗ることでカビを防止できないかと考えました。

« サンダー | トップページ | 柿渋塗り(2) »

施主工事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柿渋塗り(1):

« サンダー | トップページ | 柿渋塗り(2) »