最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« タイベックシルバー | トップページ | 外断熱用のビス »

2010年6月25日 (金)

胴縁と通気層

胴縁と通気層

 タイベックシルバーが気密テープにより取り付くと、次は胴縁となります。Hファミリーの外壁は、ガルバニウムの金属サイディング(ガルスパン)、ジョリパットの塗り、そして杉板張りと3種類の外壁となります。そのため、胴縁もその外壁の種類により取り付け方が異なります。面倒な作業ですが、さすが松本さんです。難なく取り付けています。

 杉板およびガルスパンは縦に貼るので、胴縁は横胴縁になります。そうしないと外壁を胴縁に留めることができなくなってしまいます。しかし、外壁は通気工法(胴縁部分に空気が流れるよう施工し、熱の遮断および室内からの湿気を排出させます。)ですので、横胴縁にすると上への空気の流れを邪魔してしまいます。本当は通気に関して言えば縦胴縁が良いのですが、これだけは縦に外壁を張る場合はどうしようもありません。そこで通気が悪くならないように、胴縁 180cm間隔に3cmを開けなければいけないと決められています。さらに、Hファミリーでは写真でもわかるように、胴縁には空気が通るようにシャクリ加工(切り込み)がしてあり、上に空気が流れるように十分配慮してもらっています。こうゆう部分はとても大切な部分ですのできちんと理解する必要があります。

Rimg1120

Rimg1116

 もうひとつ重要なのは胴縁をビスで留めるときに、間柱にきちんとビスが当たることです。タイベックシルバーがあるので室内の間柱はまったく釘を打つ方向からは見えません。しかし、そこは松本大工、一本も釘を外さず間柱にきちんと打ちつけていました。さすがです。45mmあるとはいえ、見えないところの釘打ちはかなり大変だと想像できます。

« タイベックシルバー | トップページ | 外断熱用のビス »

木工事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胴縁と通気層:

« タイベックシルバー | トップページ | 外断熱用のビス »