最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« トラブル発生! | トップページ | 穴の位置は?(1) »

2010年10月27日 (水)

床暖房の管内圧力=0

 田村さんから「床暖房のパイプの圧力が下がっている。」と電話があり、それと同時に妻から「松本さんからどうも床暖房のパイプに穴が開いてしまったようだ」と報告を受けました。床暖房パネルは設置後は漏れがないかどうかチェックするため、コンプレッサーで圧力をかけてメクラをし、圧力計を設置しています。

 墨出しまで行なって、非常に慎重に工事していたことを知っていましたので、どうして?と耳を疑りました。しかし圧力が抜けているのだからその可能性が大きく、翌日サンクリエイトさんに来ていただくことにしました。田村さんも私も立会い、その対応を検討しました。松本さんも非常に心配そうでしたが、私としては皆がこのように集まり検討すれば良い対応策が見つかり、まったく問題ないと思っていましたので、松本さんには「しょうがないですよ!」と声を掛けました。

 穴の開いた場所は子供部屋であるということは、圧力計のつながっているパイプの経路からわかるのですが、床材をステップルで留めている時には、パイプを打っって空気が漏れたような音は聞こえなかったようなので、どこから漏れているのかまったくわかりません。そこで穴の場所探しとなりました。


完成見学会のお知らせ

 ブログではまだ完成していませんが、実際にはほぼ完成となりました。下記の日程で見学会を行ないますので、興味のあるはご連絡下さい。

日 時  2010年10月31日(日) 
10:00~12:00 (10:30~説明会) 
14:00~16:00 (14:30~説明会) 
田村建築設計工房に要予約 

電話かFAX(0279-23-2796)またはメール(tam-kobo@khaki.plala.or.jp)にて前日までに予約をお願いします。

« トラブル発生! | トップページ | 穴の位置は?(1) »

木工事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 床暖房の管内圧力=0:

« トラブル発生! | トップページ | 穴の位置は?(1) »