最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« 雨樋の取り付け(3) | トップページ | トラブル発生! »

2010年10月25日 (月)

雨樋の問題

 最近はゲリラ豪雨というように本当に多量の雨が短時間に降ります。Hファミリーの家は軒が大きいので必然的に屋根が広くなり、雨樋で処理する水量が多くなります。やはり大屋根から落ちてくる雨を下屋の雨樋で受けるのですが、どうしてもφ105mm/2の半丸樋では雨水を飲み込むことができないようです。どうしてもオーバーフローしてしまいました。自家製の縦樋が悪いと思い、アルミダクトに変えましたがやはり飲み込めない!田村さんに言って検討してもらうことにしました。方法としては、φ105の樋を大きなφ120mmに変更するか、大屋根の樋の縦樋を別途にするかです。その結果、東部分は大屋根の排水は別系統で、西側はそのままで行うこととしました。

Rimg0042
かなり溜っています。奥のほうに大屋根から落ちてくる雨水が見えます。これが原因です。

 また、雨樋の水勾配悪い部分を発見!傾斜が緩いために雨が降った後に雨樋に水が溜まったままになる箇所がありました。こちらもスズキ建材さんに連絡して水勾配がきちんとなるように、雨樋を一部欠きこみ修正してもらいました。

Rimg0021
樋に残る雨水

Rimg0029
破風に欠き込みをして水勾配を確保しました。

 やはり、現場に行ってよく見ることはとても大切なのだなと痛感しました。今の段階では色々な対策が取れます。竣工後ではそうはいきません。豪雨のときに大変ですが雨樋のチェックはなるべくやったほうが良いかと思います。


完成見学会のお知らせ

 ブログではまだ完成していませんが、実際にはほぼ完成となりました。下記の日程で見学会を行ないますので、興味のあるはご連絡下さい。

日 時  2010年10月31日(日) 
10:00~12:00 (10:30~説明会) 
14:00~16:00 (14:30~説明会) 
田村建築設計工房に要予約 

電話かFAX(0279-23-2796)またはメール(tam-kobo@khaki.plala.or.jp)にて前日までに予約をお願いします。

« 雨樋の取り付け(3) | トップページ | トラブル発生! »

板金工事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨樋の問題:

« 雨樋の取り付け(3) | トップページ | トラブル発生! »