最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« 隙間に発泡ウレタンを充填 | トップページ | 石膏ボード貼り(2) »

2010年11月15日 (月)

石膏ボード貼り(1)

 室内の工事は石膏ボード張りに進んでいます。石膏ボード(プラスターボード)とは、石膏を芯材として両面をボード用原紙で被覆し、板状に成形したものです。原料の石膏には、 天然に産出する石膏と、 火力発電所などから発生する排煙脱硫石膏等が使用されています。せ石膏を被覆しているボード用原紙は、新聞・雑誌などの回収故紙から製造されており、森林資源の枯渇防止にも役立っています。現在、 せっこうボードは建築物の壁、天井の下地材として最も多く使われている材料です。

 石膏ボードが良く用いられる理由は耐火性能が優れていることがあります。石膏は無機質なので、燃えることはありません。それに加え石膏は結晶水という水を含んでいます。これが火災になったときに温度上昇を抑えてくれます。石膏には約21%の結晶水が安定した形で含まれています。これは、ボード1枚に、1升ビン約1本分の水を含んでいる計算になります。火災時に石膏ボードが高温にさらされるとこの結晶水が熱分解し、水蒸気となって徐々に放出され、温度の上昇を遅らせる働きをします。そのため、石膏ボードは建築基準法で防火材料に認められ、 壁の防・耐火構造の材料として、 あるいは柱や梁の耐火被覆材として多用され、 火災の延焼防止に効果を発揮しています。

« 隙間に発泡ウレタンを充填 | トップページ | 石膏ボード貼り(2) »

木工事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石膏ボード貼り(1):

« 隙間に発泡ウレタンを充填 | トップページ | 石膏ボード貼り(2) »