最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« 石膏ボード貼り(5) | トップページ | ガルスパンの断熱材の欠き込み »

2010年11月24日 (水)

ガルスパンの切断面のタッチアップ

 外部はガルスパンが張り終えたのですが、ガルスパンの各種接続部のコーキングがまだでした。田村さんの設計では、コーキング屋さんは2回で済ますため(外部一回と内部一回)、外部のコーキングはまだ先のようです。しかし、Hファミリーとしては梅雨時期が近づいてきていることもあり、なるべく早くガルスパン周囲のコーキングをしたいところです。そこで、先行してコーキングを行い、外部の残ったコーキングは自分たちで行なうこととしました。

 そこで、コーキングの前に気になっていたことが一つありました。それは、ガルバの切り口です。ガルバは錆び難い材料ですが、切り口は別物です。切り口は鉄そのものであり錆びないわけがありません。そこで、ガルスパンの切断面をすべてガンメタ塗料でタッチアップを行ないました。

Rimg0002

Rimg0001

 板金屋さんから「そんなことする人はいませんよ」と言われながらも、やはり気になるとやらなければ気がすまない性分なので、タッチアップを一日かけて行ないました。これも自己満足だけかも知れませんが・・・!

« 石膏ボード貼り(5) | トップページ | ガルスパンの断熱材の欠き込み »

施主工事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガルスパンの切断面のタッチアップ:

« 石膏ボード貼り(5) | トップページ | ガルスパンの断熱材の欠き込み »