最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« 収納(13) | トップページ | 飾り棚(ニッチ)(2) »

2011年2月 8日 (火)

飾り棚(ニッチ)(1)

 ニッチとは、壁を凹状にくりぬいて作られる棚のことで、収納スペースとしてではなく、飾り棚として利用されます。Hファミリーにも2つのニッチを大工の松本さんに作ってもらいました。しかし、実は1つのニッチは当初は計画にはありませんでした。これは、基礎が室内に少し張り出してしまったため、削るのは大変、どうしようかと田村さんが思案して誕生したニッチです。このニッチは本当につくって良かったと思います。Hファミリーの家は、何か飾るような壁がほとんどありません。それは掃き出しの窓が多いことと、ドアが引き戸のために壁空間が占領されてしまっているからです。しかし、このニッチでちょっとした飾りができるため大変重宝しています。

 このニッチですが棚板が実は母親の旧家を解体したときに中野建業さんに預けておいた材を利用しました。この木は母親の家の床の間にあった材で、「杉の絞り丸太」と「槐(えんじゅ)の床柱」です。純和風の雰囲気です。Hファミリーの家はどちらかというと、和風よりはすっきりしたモダンな内装なので、この材の使い場所には田村さんもかなり悩んだようです。でも棚板にしたのは正解、あまり「こってっり」しないで、母の思い出の材を利用することができました。田村さんには本当に感謝です。

« 収納(13) | トップページ | 飾り棚(ニッチ)(2) »

木工事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飾り棚(ニッチ)(1):

« 収納(13) | トップページ | 飾り棚(ニッチ)(2) »