最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« 飾り棚(ニッチ)(1) | トップページ | 基礎の失敗と修正 »

2011年2月 9日 (水)

飾り棚(ニッチ)(2)

 絞り丸太とは床柱に用いる杉の丸太で、表面に浅い溝(シワ?)のついたものです。人工物と天然物とあり、天然物は大変高価、一般品は山で立っている木にプラスチックの添え木をあて、2~3年の年月をかけて製造するようです。

 槐(エンジュ)とは字の如く「木へんに鬼」と書き、魔よけの意味があるため床の間に使われてきたようです。。また「延寿」と書いたりもして、無病息災を祈り縁起物として使用されてきました。Hファミリーの家には床の間も仏壇も神棚もありません。まったく信心深くないHファミリーですが、この槐の飾り棚は唯一の我が家の神聖な場所になるかもしれません。

Dscn0363
槐の棚は一番下であとは絞り丸太になります。


« 飾り棚(ニッチ)(1) | トップページ | 基礎の失敗と修正 »

木工事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飾り棚(ニッチ)(2):

« 飾り棚(ニッチ)(1) | トップページ | 基礎の失敗と修正 »