最近のトラックバック

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バナー

  • ブログランキング参加中 クリックお願いします!

Hファミリーの家づくりサポーター

無料ブログはココログ

« 珪藻土塗り(11) | トップページ | 在来工法のお風呂(1) »

2011年4月22日 (金)

珪藻土塗り(12)

 今回の壁塗りは家族みんなで本当に良く頑張りました。自ら苦労して造った家は、なぜか愛着がわくものです。さらに、自分でやることで素材の知識も付きますし、手入れの方法や補修なども自分で可能となります。苦労した分の見返りは本当に大きいと感じます

 また今回施主工事をして感じたことですが、工事をする前から左官は高いという印象がありました。湿式の左官壁塗りがなぜ高いのか?今回工事をしてみてその意味がようやくよくわかりました。もうHファミリーはこれ以上の壁塗りはできません!後の部分は佐々木左官さんにお任せしました。子供たちはもう2度と塗りたくないと申しております(笑)。

 今新居で生活してみて感じることは、珪藻土の効果については良くわかりません!多くの人が珪藻土はすばらしいとかコメントしていますが、私たちにはよくわかりません。なぜかというとくらべる対象がないからです。確かに結露はないですし、空気もとてもさわやかなような気がします。でも特別な感情はありません。当たり前のことなのです。なにも感じないということは、生活するうえで大切なことで、良い材料であることの証明かと思います。

 また、当初珪藻土は土壁のようにぱらぱらと落ちる印象がありましたが、漆喰系で固めているため全く問題ありません。珪藻土が空中を舞って、健康に悪いという人もいますが、全く問題ないように思います。

« 珪藻土塗り(11) | トップページ | 在来工法のお風呂(1) »

施主工事」カテゴリの記事

左官工事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 珪藻土塗り(12):

« 珪藻土塗り(11) | トップページ | 在来工法のお風呂(1) »