外構工事

2011年11月28日 (月)

駐車場(3)

Dscn1693
サイコロでコンクリートのかぶり厚を確保、鉄筋を配筋します。

Dscn1694
コンクリート打設です。

Dscn1701
コンクリートの上はこの「かんじき」のようなもので歩きます。

Dscn1697
左官職人の山田さんにより綺麗にコンクリートが均されました。美しい!

 道路から家の玄関までの高低差がかなりあるため、少し急こう配な駐車場となっています。今後のバリアーフリーを考えた時、駐車場からあまり段差をつけたくなかったので、あえて勾配のある駐車場にしました。最初は少し不安でしたが、水捌けも非常に良く勾配を付けて正解と感じています。

 駐車場工事が11月に終わり、植栽工事はしばらく時間を空けました。工事は春先ということで田熊さんには良い植栽をゲットしていただくようにお願いしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

駐車場(2)

 駐車場は入居前に行いたかったのですが、やはり間に合わず、入居後に行うことになりました。駐車場は隣人の方に駐車場をお借りすることができたので十分養生も行えるだけの期間を十分確保できました。

Dscn1646
駐車場の整地です。土が「こっちこっち」で田熊さんも悪戦苦闘したそうです。Hファミリーの家の土は粘土質で、固まるとこちこちとなり、雨が降るとぐちゃぐちゃと最悪の土質です。

Dscn1650
これが駐車場コンクリートに変化をつける御影石です。かなり厚く大判です。

Dscn1656
御影石をすべて並べた状態です。左右前後に変化をつけた配列になっています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

駐車場(1)

 駐車場をどうするかは施主により大きく考えが異なります。Hファミリーは車については殆どこだわりがないので、駐車できて、乗り降りが楽で、雨の日の乗り降り時にあまり濡れないという条件以外は何もありませんでした。そこで、田熊さんにもシンプルな駐車場にしてもらいました。また、なるべく庭を広く作りたかったので、アプローチと駐車場を兼用する案を採用してもらいました。

 確かに玄関へのアプローチは大切です。その家の顔と言っても良いでしょう。田熊さんのアプローチ施工例でもとても素敵なものが多く、悩みました。かなり悩んだのですが、Hファミリーの家づくりでは悩んだときには機能を優先することに決めています。Hファミリーは、家の顔である玄関でさえ、ある意味なくしてしまいました。なるべく家を広く使う機能を優先しました。アプローチもしかり、庭を広く確保するという機能を優先し、割り切りました。

 しかし駐車場がアプローチだとあまりにも味気ないということで、田熊さんは御影石で駐車場に変化をつけていただきました。特に車がないときにも御影石があるために、コンクリートだけの冷たさがなく、優しい感じになりました。この少しの変化が全体の印象に大きな印象を与えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

縁石の切り下げ工事(3)

 縁石の切り下げ工事です。縁石の下は側溝だと思ていたのですが、溝はありませんでした。工事も順調に進みましたが、工事後の写真を撮影して提出したところ、目地の部分だけやり直しを命ぜられました。再度由田さんに来てもらい修正しました。由田さんご苦労様でした。

Dscn1141

縁石を外したところ。下は側溝ではなく土でした。

Dscn1151

Dscn1386

新しい部分の乗り上げ部分が少し低いことがわかります。これでスムーズに車の出し入れができます。

これにてほとんどの工事が終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

縁石の切り下げ工事(2)

 自宅の前に歩道があって、車道と段差がついている場合、縁石を切り下げて、車の出入りがしやすくする必要があります。しかしこれは勝手に工事ができません。歩車道境界ブロックは公共のものなので、それを切り下げる工事には歩道加工工事申請を提出しなければいけません。まずは、市役所に工事申請をし、許可を得て、その後に交通の邪魔になるので警察にも連絡する必要があります。

 歩道加工工事申請は書類作成が面倒で、時間もかかります。ですが、田村さんから自分でやってくださいとのこと!図面は田村さんに用意してもらいましたが、ほとんど妻にやってもらいました。市役所では不審そうな顔をされ、「工務店の方は?」などと結構いろいろ言われたようですが!何とか申請完了!後は工事後の写真を撮って提出するのみとなりました。家づくりは結構な申請がいろいろあります。登記関係から税金関係などなど、Hファミリーでは色々なことにチャレンジしました。ですので、今回の申請も大丈夫!結構役場慣れしてきました。

 今回5mを切り下げしましたが、個人の車(普通車)が出入りする目的で歩道の縁石加工を行う場合、出入り幅は5m以内と決められています。このことも注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

縁石の切り下げ工事(1)

 田熊さんに造園はほぼ決め、まずは駐車場の位置を決めました。なぜなら、前面道路からの縁石が高いため、車の出入りをするのに難があります。引っ越す前には、縁石の切り下げ工事だけは行っておく必要がありました。そこで、縁石の切り下げの部分と長さを田熊さんに検討してもらいました。また、庭の高さにより、下水枡や水道の量水計の高さなども検討し、工事終了前に設備の高橋さんに高さを調整してもらいました。

 細かいことですが、後でやると結構な費用と手間がかかります。ですので、工事の終盤かなり疲れていますが、できることは最後まできちんとやる。それが大切です。

 庭のプランはまた後で提案してもらうこととして、まずは縁石切り下げ工事のみ検討しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

下水、給水外部工事

 基礎工事に先行して各種配管工事は行なわれていましたが、基礎の型枠がはずれ丁張が無くなると、本格的な外部配管工事がスタートしました。まずは下水、給水工事です。隣地とかなり近いので切削工事が大変です。高橋設備さんは非常に小さなユンボを使いますが、ユンボと断熱材とは1cm程度の隙間しかありません。そこを慎重に断熱材を傷つけないように工事が進められました。本当に奇跡的なハンドルさばきです。プロの技ですね!

 Hファミリーでは植栽を前の家から引き継ぐことにしました。しかし、この植栽が配管工事で邪魔になることがしばしば!花桃の根っこをかなりいじめる事となりましたが、何とか配管は完了したようです。下水はかなり深い位置(1m程度)に、水道はその上となります。

 外からの配管関係は基礎の下からではなく、基礎の立ち上がりから床下に潜り込ませることとしました。

Photo_11

基礎の下からのほうが見栄えは良いのですが、メインテナンスが少し大変な面があります。また、シロアリもべた基礎の場合配管の隙間から侵入する場合が多いため、その対策も十分しなければいけません。そのため、各種配管類は基礎の立ち上がりの横から家の床下に入れることとしました。東側は色々なユーティリティーの室外機が設置されるので、見栄えは関係ありません。メインテナンスとシロアリ対策を兼ねて露出させて配管で行くことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

基礎工事(9)

 基礎の外断熱の立ち上がりには特殊な断熱材を用います。ダウケミカルのスタイロフォームATです(田村さん曰く”高価です”)。写真は型枠に断熱材を両面テープで止めている所です。奥に縦に入っているのがスタイロフォームATです。(ベース部分はスタイロエース)

Photo_2

これが防蟻剤入り断熱材です。

Photo_3

この断熱材は押出法ポリスチレンフォーム保温板3種という高い断熱性を誇りながらも、フェノールフォームやウレタンフォームと異なり、ほとんど吸水しないため、断熱性能がほとんど変化しません。また、混入している 防蟻剤の揮発性は非常に低いので、薬効は半永久的です。これにより、防蟻性能と相俟って、基礎周りや土間部分など、水分の多い施工部位に最適の断熱材です。

スタイロフォームATにはネオニコチノイド系の防蟻剤を混入してあります。良くホウ酸処理したものがありますが、それよりも強力な防蟻作用があります。ネオニコチノイドは、哺乳動物の受容体への親和性が昆虫の受容体への親和性よりも低いため、昆虫に選択的な毒性を発揮すると言われています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

塀の工事(6)

 塀の工事の続きの写真です。

Rimg0946 旧塀の解体したアルミフェンスと根切りをしたときに出た植栽の根っこ。かなりの量になりました。塀工事でよかったのは伐採した木の根っこが処理できたことも大きいです。





20090918008

コンクリートが打たれました。













Rimg0951_2

型枠がはずされました。きれいに仕上がっています。







Rimg1219

ブロックがきれいに詰まれました。






20090927012

 

Rimg1224

アルミフェンスを取り付け完成です。北側はフェンス取り付け用の穴だけ残して、家が完成した後どのような塀にするか考える予定です。

 早川さんには本当に御世話になりました。無事塀工事が終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

塀の工事(5)

 早川さんには毎日本当に一生懸命やっていただきました。感謝感謝です!北側の塀は30年以上前のものだったそうで、丸石の上に縦筋だけの軽量ブロックが乗っているだけだったそうです。地震などきたら大変なことになるので本当に撤去してよかったと思っています。

 工事の進行状況を写真で!

Rimg0940





Rimg0944







20090915








| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧