庭づくり

2011年8月 1日 (月)

夏の庭

 今年は梅雨が明けるといきなり猛暑となりました。庭の木々も何となく苦しそうです。それでも中庭のヒメシャラとシャラは元気よく花を付けました。

Dscn29521
シャラの花です。本当にきれいな白い花です。

Dscn2923
ヒメシャラは可愛い花です。

シャラは、平家物語の「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす 」の通り、咲くとあっとゆう間に散ってしまいます。儚い花ですが、それが潔くもあります。

Dscn2946
散ったシャラの花です。

 シャラは仏教に関連の深い木で、日本にある「シャラの木」とは違います。インドのシャーラは、日本では育ちません。そのため、印象の似た別種を、シャラの木に仕立てました。「シャラの木」というのは通称です。正式な日本語名を、ナツツバキという種です。普通のツバキと違って、夏に花が咲きます。冬に葉が落ちるのも、ツバキと違うところです。けれども、花の形はツバキに似ています。仏教を離れても、庭木として人気があります。

Dscn29311
Dscn29301_2
小さな家庭菜園ではナスやトマトが収穫できました。

Dscn3086
Dscn3087

選定したさつきを芽吹いてきました。田熊さんから1年目としては刈りすぎたかなと心配されましたが、何とか芽吹いてきたようです。

 夏の庭を見ると雑木なので高原にいるような涼やかな気持ちになります。雑木の庭は1年を通じて楽しめます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

庭 春から梅雨

 雑木の庭は緑が濃くなり、それとともに地味ではありますが色々な花も咲いています。一見するとほとんど見逃してしまうのですが・・・!

 アオハダの花は何となく優しい感じの花です。よく見ないと見逃してしまいますが・・・!

Dscn2239

青空に映えてとてもきれいでした。

 次は、ナツハゼ、ナツハゼは5月頃、下向きに地味な釣鐘状の花を咲かせます。綺麗というわけではありませんが風情があります。果実は秋に黒く熟すようなので、楽しみにしています。

Dscn2399

 そよごも花を付けました。しかし、これは全く気が付きませんでした。田熊さんが久しぶりに寄ってくれたので、そよごの雄雌の見わけ方を教わるときに、「花咲いてますよ。」言われるまで全くわかりませんでした。この花のつき方で雄雌が区別できるようです。

Dscn2392

こちらが雌です。

Dscn2393

こちらがが雄、素人にはこの時期しか判別できないそうです。

 

 サツキは植えた時に剪定してしまったので、今年はあまり花は咲きませんでした。来年が楽しみです。田熊さんのブログでそろそろ剪定をした方が良いことを知り、素人ながら剪定を行いました。私はどうしても剪定を躊躇して弱剪定してしまいますが、妻はいつも強気で、今回もバッサリやってということで本当にバッサリ切りました。後で、田熊さんのブログの伊勢崎のT邸(田村さん設計の「庭の家」)を見ると、そんなにバッサリ切っていません。さっそくいろいろ調べてみましたが、サツキはかなり強い花なのでかなり強く選定しても大丈夫とのこと。来年ちゃんと花がつくか心配ですが、まずは剪定が完了しました。

Dscn2885

Dscn2886

植えた下草も花をつけていました。

I00110

ナルコユリです。


I00089

春蘭です。

また、アプローチのクレマチスガーデンでも

Dscn2402

そして家庭菜園からはハーブ類の収穫ができました。

I00115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

庭 春から梅雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

庭の春から初夏まで!

 梅雨時期に入ると雑草取りが本当に大変です!次々と伸びる雑草、でも天気が良い日の草むしりは良い運動で、そして何よりもお気に入りの庭がきれいになるので、草むしりが終わるとその充実感は何とも言えません!庭も新緑からからは大きく変化し、緑濃き夏を迎えようとしています。

5月の中旬にはツツジの「花遊び」が満開となりました。

I00040

I00041
このツツジは葉っぱが先で、後で花が付きます。Hファミリーの庭のツツジはほとんどが葉が花の後でしたので、葉っぱの中で何ともかわいらしい花が遊んでいる風情はとても気に入りました!

 5月中旬になるとドウダンツツジが満開となりました。

I00042

サラサドウダンツツジという種類だそうです。よく見るドウダンツツジは白色がほとんどですが、このドウダンは真っ赤です!とってもめづらしいようで、道を通る人がいつも足を止めて見ていきました。いつも思うのですが、ドウダンツツジは本当にツツジの仲間なのでしょうか?本当に風情が全く違いますね!

 5月にはハナミズキも花を付けました。

I00039

I00056

ハナミズキは今年は強剪定しましたのであまり花は尽きませんでしたが、白色の素敵な花を付けました。来年はとても楽しみです。ハナミズキは主庭園ではなく、アプローチの脇に2本植えています。一青窈のハナミズキが大好きなので、この花もやっぱり大好きです!

 造園工事後には石の間に山野草を植えました。山野草はジョイフルホンダで半額セールで買ってきました。可愛い花がいくつか付きました。

 春蘭です。ラン類は下草の定番です。
I00101

ナルコユリです。可愛い花でとてもお気に入りです!

I00110

そして今、ヤマボウシが満開です。
I001461
ヤマボウシはハナミズキと似ていますが、こちらは葉が先で、花が後です。ハナミズキよりも花が小さくとても質素な印象ですが、それがまたとても素敵です。

 そして最後、我が家の家庭菜園です。小さな家庭菜園ですがハーブなどを楽しんでします。ハーブだけ作る予定でしたが、妻がなぜが野菜も植えたいということで急きょナスやトマトも・・・!

I00149

本当に庭は楽しいです!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

雑木の庭が完成しました!

 家の方は2月下旬から庭造りが始まっていました。そして、先週の土曜日に完成となりました。私自身が長野県出身と言うこともあり、軽井沢にあるような雑木林をイメージした庭づくりを田熊造園さんにお願いしました。

 庭づくりは家づくり以上に難しいです。何よりもイメージがまったく素人には湧かないからです。出来てみてはじめてわかるのですが、今回の庭造りは本当にイメージ以上の庭が出来上がりました。石と雑木の株立ちをふんだんに使ったとても軽やかで広がりがある庭です。そして、大胆にもオープンな庭にしたため、周りの人も楽しめる庭となりました。田熊さんには本当に渾身を込めて作庭していただき本当に感謝しております。既に田熊さんのホームページで詳細が書いてありますが、追って、私のブログでも施主の視点からのブログを書いていきたいと思います。ご期待下さい。

 庭ができて見てはじめて家が完成したと感じました。家と庭で、ようやく家庭の営みが出来る基礎が出来たようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)